□ モビライゼーションについて

□ 当院の治療 モビライゼーションについて

モビライゼーションというものについて
見聞きしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
当院でも治療のひとつとして、モビライゼーションをおこなっています。
ここでは、モビライゼーションについて改めてお話ししていきたいと思います。

・そもそもモビライゼーションとは?
そもそもモビライゼーションとは何なのでしょうか。
治療のひとつと先でお話ししましたので、
治療法であることはおわかりかと思います。
簡単に言ってしまえば、
関節の可動域の改善や関節機能の障害による疼痛を
軽くしていくためにおこなう治療です。
関節を問題なく動かせるようにするためのものでもあり、
関節の痛みを軽くするためのものでもあるのです。
関節の可動域を正常な範囲へと改善していくこと、
関節の可動性の低下を軽減すること、
運動の不備による疼痛を軽減することなどがモビライゼーションの目的になります。
なんとなくイメージできてきたという方も多いのではないでしょうか。
「リハビリみたい」と感じる方もいるでしょうが、
まさにモビライゼーションはリハビリにも使えるものです。

□ モビライゼーションではどんなことをするの?

リハビリというとハードなことをされるのではないかと
思っている方もいるかもしれませんが、
モビライゼーションではそうハードなことはしていきません。
むしろ、「え、これでいいの?」というくらいです。
というも、モビライゼーションでは関節をゆっくりとした速度で
反復的に動かしていくのです。さまざまな振幅で動かしていきますので、
見ている分にはマッサージを受けているような感じです。
モビライゼーションで重要になってくるのが副運動というものです。
簡単に言ってしまえば、関節の中の運動なのですが
この副運動には構成運動と遊び運動というものがあります。
構成運動には転がりや滑り、軸回旋といったものがあり、
遊び運動には引き離し運動といったものがあります。
ざっくりと言ってしまえば、横に動かすか縦に動かすかという感じです。
こういった副運動をしていくことによって、
モビライゼーションという治療が可能になってくるのです。
ただ、関節が動きすぎて痛いとか関節が炎症を起こしている
といった状態の場合には、モビライゼーションはできません。