□ 脛骨筋炎・腓骨筋炎

予約カレンダー

2017年11月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
2017年10月

□ 脛骨筋炎・腓骨筋炎

脛骨筋炎・腓骨筋炎というものをご存知でしょうか?
あまり見慣れない、聞き慣れない症状かと思います。
普段から体を動かしているという方はもちろん、
普段からあまり体を動かさないという方でもなってしまう可能性のある症状です。
ここでは、脛骨筋炎・腓骨筋炎の症状と治療についてご紹介していきたいと思います。

□ 脛骨筋炎・腓骨筋炎の症状について

まずは、脛骨筋炎・腓骨筋炎の症状についてです。
その名前の通り、脛骨筋炎・腓骨筋炎というのは
脛骨筋・腓骨筋に炎症を起こしている状態のことを指します。
脛骨筋・腓骨筋のどちらも脛から足の裏までつながっている筋肉のことなのですが、
ここが炎症を起こすことによって、くるぶしやその周辺、
土踏まずといったところに痛みや腫れが起こるようになります。
体重がかかることによって、その痛みは激しくなると言われています。
ただ、初期の頃というのは痛いものの我慢できる程度なので、
運動などをしている方は痛みを我慢して体を動かし、
その結果、悪化させてしまうというケースも多いようです。

□ 脛骨筋炎・腓骨筋炎の治療について

脛骨筋炎・腓骨筋炎の治療は、基本的に保存療法になります。
脛骨筋炎・腓骨筋炎になってしまったら、まずはアイシングです。
痛みがひどい場合には、鎮痛剤を使っていくことになります。
軽度なものであれば、テーピピングやサポータなどを使いつつ体を動かすこともできますが、
基本的には安静にしておきましょう。
ただ、症状を改善していくためのストレッチなどであればOKです。
脛骨筋炎・腓骨筋炎は、再発しやすいものです。
痛みがひどくないからと適当に対処して、
運動を続けるといつまで経っても治りません。
脛骨筋炎・腓骨筋炎になったら、しっかりと休み、
再発させないためにも自分の体の癖というものを見つけるようにしましょう。
一部分に体重がかかりすぎているといった体の癖から
脛骨筋炎・腓骨筋炎になっているケースも多いのです。
脛骨筋炎・腓骨筋炎になるたびに治していくのではなく、
そもそも脛骨筋炎・腓骨筋炎にならないようにしていきたいものです。