□ 側副靭帯損傷

予約カレンダー

2017年11月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
2017年10月

□ 側副靭帯損傷について

靭帯損傷の中でも特に多いのが側副靭帯損傷と呼ばれるものです。
スポーツをしている方は、特に注意が必要なのですが、
スポーツをしていない方でもなり得るものです。
万が一のときにも慌てずに済むように、
側副靭帯損傷についてしっかりと理解しておきましょう。

□ 側副靭帯損傷の症状について

側副靭帯損傷は、内側側副靱帯損傷ともいわれており、
内側側副靱帯のことを「Medial-Collateral-Ligament」
と呼ぶことからMCL損傷と呼ばれることもあります。
側副靭帯損傷はその程度によってⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度という分類があります。
 Ⅰ度では靭帯が部分的に傷ついているだけで、
膝の安定性というものは保たれたままになっています。
 Ⅱ度では靭帯が完全に断裂しているわけではないものの、
部分的に切れている状態になります。
これを不全断裂といいます。膝が軽く不安定になります。
 Ⅲ度では完全に靭帯が断裂していて、骨折を伴うこともあります。
程度にもよりますが、膝の痛みや膝のぐらつきといった症状が主になってきます。

□ 側副靭帯損傷の原因について

側副靭帯損傷の原因についてですが、
基本的には足の外側から大きな衝撃を受けることによって発症します。
スポーツではラグビーのタックルやスキーでの転倒などが挙げられます。
膝が無理やり内側に曲げられるようなシーンが多いスポーツというのは、
側副靭帯損傷になるリスクが高いといえるでしょう。
スポーツをしていなくとも、
何かが強い勢いで膝にぶつかってくるといったことで
側副靭帯損傷を引き起こしてしまう可能性はあります。
自宅でもそのリスクはあるものを思っておいたほうがいいでしょう。
また、まれに本人の癖で側副靭帯損傷のリスクを高めているというケースもあります。
足首がかたい、お尻の筋肉が弱い、足の指に力が入り過ぎている、
足のアーチが崩れているといった方は
「Knee in-Toe out」と呼ばれる動きになっている可能性があります。
「Knee in-Toe out」というのは膝が体の内側に来て、
つま先が外側に向いている状態を指します。
この場合には、特に側副靭帯損傷になりやすい状態にあると考えたほうがいいでしょう。

荻窪の人気 整骨院 腰痛 カミオギ整骨院自賠責・交通事故の治療ならカミオギ整骨院

◇◆◇ 荻窪・西荻・桃井・上荻町で腰痛・肩こりの治療で整骨院をお探しなら ◇◆◇
『カミオギ整骨院』までご相談下さい。
◇◆◇ カミオギ整骨院は 荻窪、西荻、で人気のおすすめ整骨院です。 ◇◆◇