事故にあったら はじめにすること

予約カレンダー

2017年11月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
2017年10月


□ 交通事故にあったら・・・ はじめにすること 

 
交通事故に遭ったときというのは、
初動が非常に重要になってきます。
気が動転するかもしれませんが、
まずは一回深呼吸をしてからやるべきこと
をやっていきましょう。
交通事故に遭った場合、
まずは
110番か119 番への連絡をします。
そこからその場で必要な措置をした上で、
警察への事故の届け出をおこなっていきます。
特に、怪我をした場合にはすぐに救急車を呼ぶ、
病院へ行くといった対応をしていきましょう。
病院からは診断書を発行してもらいましょう。
というのも、この診断書を警察や保険会社に提出することによって
はじめて人身事故という扱いになるのです。
110番や119 番への連絡をしても、
すぐに到着するわけではありません。
その間に加害者と被害者でやりとりをすることになるかと思いますが、
ここでも注意が必要になります。というのも、
事故後というのは加害者も被害者も興奮状態にあります。
そのため、感情的になり、口論になってしまう可能性も十分にあるのです。
特に、どちらが良い悪いという水掛け論になるケースは少なくありません。
ここで口論になってしまうと、話が進みませんので、
加害者と被害者のやりとりというのは最低限のものにしておきましょう。
最低限といっても、相手への気遣いなどは忘れないようにしたいものです。
加害者と被害者のやりとりに関しては、相手を気遣いつつ、
相手の連絡先と相手の保険会社の連絡先などを聞いておきましょう。
人によっては早い段階で損害賠償などについての話を
進めておきたいという方もいるかもしれませんが、
この時点で話を進めるのは得策ではありません。
相手のほうから損害賠償に関する返答を求められても
その場で返答はしないようにしましょう。
逆に、損害賠償を請求する立場であっても
相手に返答を求めないようにするべきです。
安易に書面化するようなことは避けておきたいものです。
良かれと思ってしたことでも、それによって
後が面倒になるという可能性もあるのです。
交通事故に遭った際には、まず 110番か119 番への連絡をし、
相手の連絡先や保険会社の連絡先を聞いて、
怪我などがあれば救急車を呼ぶか病院へ行くことです。
いろいろとやることがあるので大変にはなるかもしれませんが、
診断書の発行や届け出というものも忘れないようにしましょう。 

□ 次の記事より事故にあったらやらなくてはならないこを詳しく説明します。
⇒ 次の記事 事故にあったら①連絡する。カミオギ整骨院  荻窪整体 荻窪整骨院


◇◆◇ 荻窪・西荻・桃井・上荻町で整体院 整骨院をお探しなら ◇◆◇

『カミオギ整骨院』までご相談下さい。

◇カミオギ整骨院は 荻窪、西荻、桃井、上荻でオススメ整体院 人気の整骨院です。◇

◯ カミオギ整骨院のご予約ページは、こちらです。
カミオギ 整骨院 〒167-0043 東京都 杉並区 上荻4-21-12 スカイライフ荻窪1F