先天性股関節症

予約カレンダー

2017年11月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
2017年10月

□ 先天性股関節症
 
先天性股関節症は、子育て中の方で
あれば是非知っておいてほしいものです。
特に、赤ちゃんが生まれたばかりという方で
あれば先天性股関節症に注意しておきましょう。
ここでが、先天性股関節症の症状と予防のための
ワンポイントアドバイスについてお話ししていきましょう。
 
 

□ 先天性股関節症の症状について

先天性股関節症というのは、
赤ちゃんに発症するものです。

女の子のほうがなりやすいといわれています。
生まれたときから先天的に股関節が
外れているというお子さんもいますが、

そのほとんどが生まれた後で股関節が外れてしまいます。
症状としては、股関節が完全に外れてしまっている、
外れかかっているといった状態が挙げられます。

股関節を動かすとポキポキと音が鳴る、股関節の動く範囲が狭い、
足を動かすときにかたさを感じる、左右で足の長さが違う、
おむつをはかせるときに片方だけはかせにくさを
感じるといったことが先天性股関節症のサインになります。

赤ちゃんの太もものしわの数なども左右で違うようなことがあれば、
先天性股関節症のサインかもしれません。
親御さんは赤ちゃんのことをしっかりと見ておく必要があります。

早期発見であればあるほど、その後対処がしやすくなります。


□ 先天性股関節症の予防のための
ワンポイントアドバイス

先天性股関節症の予防のための
ワンポイントアドバイスということですが、
「正しい姿勢を保つ」ということを意識していきましょう。
赤ちゃんにとって正しい姿勢というのは、
足が
M字になっている状態です。
仰向けになっているときでも、
膝が綺麗に天井をむいている、
内またになっているといった状態は、
正しい状態とはいえないのです。
この状態ではむしろ先天性股関節症に
なってしまいやすくなってしまいます。
仰向けに寝かせているときや抱っこするときには、
足が
M字になるようにしてあげましょう。
赤ちゃんのうちは足が
M字になる状態が正しい姿勢になりますので、
親御さんは赤ちゃんの様子をこまめにチェックするだけではなく、
ちょくちょく正しい姿勢に戻してあげるようにしましょう。
これによって、赤ちゃんは先天性股関節症になりにくくなりますし、
正しい姿勢というものを身につけていくことができるのです。

◇◆◇ 荻窪・西荻・桃井・上荻町で整体院 整骨院をお探しなら ◇◆◇
『カミオギ整骨院』までご相談下さい。

◇カミオギ整骨院は 荻窪、西荻、桃井、上荻でオススメ整体院 人気の整骨院です。◇

◯ カミオギ整骨院のご予約ページは、こちらです。
カミオギ 整骨院 〒167-0043 東京都 杉並区 上荻4-21-12 スカイライフ荻窪1F