腰痛の予防 ④

予約カレンダー

2017年11月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
2017年10月

□ 腰痛の予防 ④腹筋編

腹筋の筋肉は美しい体作りで注目され、
六つに割れた腹筋は男らしさの象徴です。
また、BMI指数の高い人でも腹筋の筋肉が引き締まっているために
メタボリックシンドロームの診断は
免れているというケースもあるほど腹筋は
人間の印象を左右する大切な筋肉の部位です。
そんな腹筋ですが、
実は腰痛予防の際にも要となる筋肉でもあります。
今回は腹筋を鍛えることによって腰痛を防止する方法を
日常の動作に即した形でご紹介します。

□ 腹筋鍛錬による腰痛防止法
①骨盤の傾きをコントロール

人間の骨盤は腰椎の前弯が強くなると発生します。
骨盤は人間の体の中で背骨を垂直に支えるために
背骨に対して直角か内蔵の重さによって
少し前弯気味(絶妙なバランス)の状態にあります。
しかし、腰痛が発生すると骨盤は前弯しすぎて背骨との角度を保てず
腰椎が直接背骨と背筋を支える状態となります。
この状態を予防するために鍛えたい部位が腹筋です。
腹筋は、骨盤の前方部分支え前弯を防ぎます。

□ 腹筋鍛錬による腰痛防止法
②骨盤の動きの安定化

人間が歩く時、骨盤は前後に
弧を描くように動きます。
この動きにずれが生じると骨盤は
通常の状態から動きが変化していきます。
そのため骨盤は

①左右対称に
②孤の中心をずらさないように
③孤が大きくなりすぎないように動かさなければなりません。

これを腰の回転運動と専門用語では言いますが、
腰の回転は腹筋を鍛えて腰の状態を安定させる必要があります。
その際に腹筋だけでなく、下腹部の筋肉も緊張させましょう。
その癖をつけるエクササイズが腹筋呼吸法と上体おこしです。

□ 腹筋鍛錬による腰痛防止法
③上体を固定

最後に御紹介するのが、重いものを持つときの腹筋の使い方です。
重たいものを腰に負荷をかけずに持ち上げたり
おろしたりする方法を前でご紹介しました。

その際、重たいものを棚から降ろす時は肩に担いで
上体を固定した形にすると腰に負荷をかけないことが分かりましたが、
ここでご紹介する「状態を固定」するとはその時と同じことで、
「胸を張って背骨をまっすぐに」した姿勢のことです。

この状態を固定するエクササイズは2人1組で行い、
胸を張って背骨をまっすぐにした状態で一人が椅子に座った姿勢で
腹筋を緊張させ、もう一人がその人の肩に
手を置いて体をひねらせるというものです。
是非トライしてみましょう。

荻窪で人気のカミオギ整骨院土日祝日も夜10時 荻窪整体整骨院

荻窪で人気のカミオギ整骨院土日祝日も夜10時

◇◆◇ 荻窪・西荻・桃井・上荻町で整体院 整骨院をお探しなら ◇◆◇
『カミオギ整骨院』までご相談下さい。
◇◆◇ カミオギ整骨院は 荻窪、西荻、桃井、上荻でオススメ整体院 人気の整骨院です。 ◇◆◇

◯ カミオギ整骨院のご予約ページは、こちらです。
カミオギ 整骨院 〒167-0043 東京都 杉並区 上荻4-21-12 スカイライフ荻窪1F