事故にあったら⑤通院する

予約カレンダー

2017年11月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
2017年10月

■ 事故にあったら⑤通院する ~事故後の治療~

事故後にはできるだけ早くに治療を開始しましょう。
ここでは、治療院に行くところから順番にそのステップについてご説明していきたいと思います。

□ 治療院に行く □

事故後、なるべく早くに治療院へ行きましょう。
受付の際には、問診票が渡されることになりますので、
その問診票にできるだけ詳しく情報を記載していきます。
どのような症状があるのか、その症状がいるから始まったのか、
その症状の原因やきっかけとなったことは何なのかなどを記載していくことになります。
病院からの診断書がある場合には、
その写しを用意しておき、問診票と一緒に受付に渡しましょう。
治療院に行く際には、問診票に詳しいことを記載するということを事前に理解しておき、
その場でよりスムーズに記載できるようにあらかじめ情報を整理しておきましょう。
この問診票をもとにカウンセリングがおこなわれることになります。

□ カウンセリング □

記載した問診票と診断書の写しを受付に渡したら、
その情報をもとにカウンセリングがおこなわれます。
実際に治療にあたる整骨院先生や、病院のスタッフが直接症状などを確認していくことになります。
どこが痛いのかを見ていき、実際に痛い部分に触れて動かしながら原因を探っていきます。
だいたいの原因がわかったところで、その症状に対するより具体的な説明を受けることになります。
このときに専門用語ばかりで説明がわかりにくい、態度があまりにも高圧的といったことがあれば、
他の治療院をあたったほうがいいかもしれません。
あくまでも、医学の素人にでもわかりやすい説明をしてくれる治療院が望ましいのです。
ちなみに、このときの説明でわからないことがあれば遠慮なく質問をしていきましょう。
質問に答えてくれない、めんどくさそうに対応するといった治療院も避けておきたいところです。
説明だけではなく、このカウンセリングで治療そのものの方針も決めていくことになります。

□ 実際に施術へ □

カウンセリングで治療の方針が決まったら、
実際に治療をおこなっていきます。症状に合わせて治療をしていきますので、
その治療方法もさまざまです。整骨にマッサージ、
低周波治療、SSPなどいろいろな治療法を組み合わせて、
回復を目指していきます。痛みを感じている方には、
まずはその痛みを取るためにマッサージなどの手技療法を中心におこなっていきます。
他にも、超音波治療や低周波療法といった電気療法、牽引治療、温熱治療、
テーピング治療などさまざまな治療法を駆使していきます。
もちろん、痛みに対処していくだけではなく、
その痛みの原因に対する治療もおこなっていきます。
要は根本的な治療ということになってくるのですが、
ここからある程度改善が見られるようになると
自宅できる運動やストレッチなどのアドバイスもおこなわれます。
治療院の治療だけではなく、自宅でできることを実践していくことによって
より改善効果も高まっていくのです。治療を始めた方にとっては、
その治療がいつまで続くのかというところも気になるところでしょう。
治療期間というのはその症状によって異なってくるのですが、
一般的には数週間から半年くらいがひとつの目安になってきます。
ただ、社会人の方になるとやはり忙しくて治療に通えない状況も出てくるかと思います。
あまりにも治療に行かない状態が続くと、保険会社は回復したものを判断し、
治療を打ち切る可能性が出てきます。
仕事においても体が資本になってきますので、
できる限り、治療を優先するようにしていきたいものです。

事故悩まないで 西荻窪 荻窪 ぎっくり腰 整体院 大切にする

カミオギ整骨院  荻窪整体 荻窪整骨院

◯ 荻窪・西荻・桃井・上荻町で整体院 整骨院をお探しなら
『カミオギ整骨院』までご相談下さい。

◯ カミオギ整骨院のご予約ページは、こちらです。