労災について

□ 労災とは(通勤労災、業務労災)

最近では労災という言葉をいろいろなところで
頻繁に見聞きするようになりました。
なんとなく認識しているものの、
そこまで関係ないと思っている方もいるかもしれません。
しかしながら、労災というのは働いている方で
あれば誰にでも深く関係してくるものなのです。
いざというときに慌てないためにも、
労災について理解しておきましょう。
ここでは、通勤労災と業務労災について
それぞれお話ししていきたいと思います。

□通勤労災について

まずは、通勤労災についてです。
簡単に説明してしまうと、
通勤中における災害によって保険給付を受けることです。
通勤中における災害のことをそのまま通勤災害と呼びます。
というのも、通勤中であっても怪我をしてしまうこともありますし、
病気や障害を抱えてしまうこともあります。
場合によっては、通勤中の事故で死亡してしまう可能性だってあります。
こういった通勤中に起こった事態が通勤災害であると認められれば、
労災保険から保険給付を受けることができるのです。
逆に言えば、通勤中と認められなかった場合には
保険給付を受けることができず、健康保険を使うことになります。

□業務労災について

次に、業務労災についてです。
先の通勤労災についておわかりいただければ、
こちらについても何となく察しがつくのではないでしょうか。
業務、つまり仕事が原因で怪我をしたり、
病気になったりすることはあるものです。
さらに、そこから障害を抱えてしまうこともあるでしょうし、
死亡してしまうケースだってあります。
仕事が原因となっているこういった事態を業務災害と呼びます。
そして、この業務災害によって保険給付を受けることを業務労災というのです。
もちろん、こちらも通学労災のときと同じように、
業務災害であると認められなければ保険給付を受けることはできません。

通勤労災にしても業務労災にしても、
基本的にはケースバイケースです。
実際に判断が難しいケースもありますので、
どちらにしても労災の申請の際には慎重に動くようにしましょう。