□ 事故治療 整形外科と整骨院

□ 事故治療 整形外科と整骨院(接骨院)

読者の方には、すでに整骨院に通っているという方も多いと思いますが、
あらためて整骨院とは何かについてご説明します。
まず、整骨院と接骨院の違いが分からないという声がよく聞かれますが、
呼び名が違うだけで基本は同じです。
(文中内の表現が紛らわしくなるので、ここでは整骨院で統一します)
あらためて整骨院とは何かを解説すると、
整骨院は柔道整復師という専門家が打撲、
捻挫などの治療・施術をおこなう施術所のことを言います。
整骨院の施術は医師がおこなう医療行為と同じではなく、
医業類似行為と呼ばれているものです。

□ 整骨院は施術方法や資格

整骨院の施術は医学的にはあくまで補完医療という位置付けになっています。
交通事故では、追突によるむち打ち(頚椎捻挫)被害者の多くが整骨院で施術を受けており、
その治療により症状が大きく改善したというケースも見られます。
この整骨院で施術をおこなうには、柔道整復師という国家資格が必要です。
柔道整復師になるためには、養成施設などの学校で
生理学から整形外科学、リハビリ医学、一般臨床医学など
多岐に渡る医療に関する受講を3年間に渡って受けます。
そして、必修単位を取得した人のみが受験資格を得られて、
柔道整復師の国家試験に合格し経験を経て整骨院の開業が可能になります。

町中で整骨院(接骨院)の看板をよく見かけると思いますが、
この施設を開設するためには、地域の保健所を介して
管轄の都道府県知事に届出をおこない開業することになります。
整骨院の柔道整復師は補完医療の専門家として、
ある一定の医療的な知識を有して治療をおこないます。
整骨院には交通事故の後遺症治療のために通院する人が多いため、
むち打ちや頚椎捻挫について精通している柔道整復師も数多くいます。
理学療法士(PT)、整体院(カイロプラクティック)とは違う
柔道整復師とよく混同されるのが理学療法士(Physical Therapist:略してPT)です。
理学療法士は病院内で医師の指示のもとに
診療補助的に患部の治療やリハビリなどをおこなう専門療法士です。
こちらも国家資格が必要で、施術内容も柔道整復師に近いとされています。
しかし、理学療法士は基本的に病院内に勤務して施術をおこないます。
また、もう一つ間違われやすいのが整体院(カイロプラクティック)です。
名称が似ているためか、整骨院だと思って通っていたら、
実は整体院だったというような笑い話しもよく聞かれます。

整体院はアメリカ発祥の脊髄や筋骨格のヘルスケアで、
国家資格などは必要なく誰でも開業できる代替医療です。
交通事故の後遺症治療で整体院に通う人がいますが、
気を付けなければならないのが、
整体院でかかった治療費は保険会社からは一切支払われないということです。
整体院の治療費は保険会社に請求できると勘違いして、
長らく整体院に通ったものの保険会社に
支払いを却下されたという話しも実際によくあります。
交通事故トータルサポートセンターのお問い合わせ
整骨院、整形外科(医師)、保険会社、被害者の4者間で起こるトラブルと対応

さて、ここからは整骨院、整形外科(医師)、保険会社、被害者
との間で起こる具体的なトラブルや対応方法について解説していきます。
整骨院と整形外科(医師)の関係と被害者が取るべき対応方法

交通事故の後遺症治療の場合には、
まずは整形外科に通院するという方がほとんどだと思います。
整形外科医が被害者のために熱心に治療をおこない、
そこで治療効果が見えれば全く問題ありませんし、あえて整骨院に通院する必要も無いでしょう。
しかし、整形外科へ通院しても「痛みが取れない」、
「温湿布してそれで終わり」など、
治療の効果があまり見えなかったりすることも中にはあります。
また、そもそもの治療方法に疑問を感じることがあったら、
被害者としては何とか症状を改善させたいということで、
整骨院への通院を検討するという方も多いと思います。
整形外科医にとっても後遺症の治療や判断は難しいと言います。
医師はレントゲン、MRI、CTを撮影して診断をおこない、
それでも原因が特定できない場合には、しばらく様子見するなどして
温湿布治療を続けるだけということも実際によくあります。
整骨院に通院する際に気をつけること
しかし、気を付けたいのが、
整形外科での治療が不満だからといって、
医師に黙って整骨院に通院するのはよくないということです。
整骨院への通院が事後報告となってしまったことで、
あからさまに不快感を示す医師がいます
医師と整骨院の間には微妙な関係がありますので、
一応診断された 医師へ整骨院へ通院していると
いう報告をした方が良いということなのです。