腰痛の症状

荻窪 整骨院 カミオギ整骨院

□ 腰痛症状・日常生活でありがちなこと

おうちの引っ越しや職場の異動、模様替えなどの際発症しやすいのが、いわゆる「ぎっくり腰」です。
実はぎっくり腰も「伸展型腰痛」に分類される腰痛の1つです。
今回は、日常生活で発症しやすい「ぎっくり腰」対策を日常の具体的な例を挙げながらご紹介します。
荻窪 腰痛 カミオギ整骨院

 

□ 「ぎっくり腰」になりやすい動作

①床の上の重い荷物を持ち上げる。

人間は通常自分の体重よりも重いものは持つことはできません。
これは理論上のことで、人間が重いものを待つということは
全身の筋肉と関節の柔軟性が必要となり、実際には体重の半分を持ち上げることもかなり難しいものです。
床に置かれた荷物を上半身から腰までの力で持ち上げようとすると、
腕、肩、腰に大きな負担がかかるため膝を曲げて荷物を持つ姿勢をより床に近くしてやる必要があります。
また、荷物を持つのはやはり肩と腕です。
肩はいきなり重量の重いものを持つと対応しきれずに関節が抜けてしまったり筋肉を痛めてしまう恐れがありますので、
自分の肩を重さに慣れさせるために、もって確認するようにしましょう。

□ 「ぎっくり腰」になりやすい動作②

②棚から重い箱をおろす

棚から重い箱を下す動作は、物を上にのせる動作に似ていますが、
要領は少し違います。物を上に持ち上げるときは足を広げるため棚からは
少し距離があっても腰を痛めるリスクはありませんでした。
しかし物を下す時ははできるだけ棚に近づきます
次に、荷物を肩に担ぎます。
最後にそのままゆっくり膝と脚の力を使って荷物を下ろします。
注意すべきは荷物を高い棚にある時点で手に取った時です。腰が反っていたり、
上体が前傾していると腰を痛める原因となります。

□ 「ぎっくり腰」になりやすい動作

③重いものを運ぶ

次に重たい荷物を持ち上げて移動する際、ポイントとなるのが腹筋です。
腕に持った荷物は腕の力だけで持ち続けると肩などにも負担を及ぼします。
そのため、この「荷物運び」では荷物を(緊張させた)腹筋に押し付けて荷物の広い面を支えます。
この時やってしまいがちなのが腰を反らしてしまう動作です。
この動作は骨盤とそこからのびる背骨のバランスを悪くさせ、腰痛の原因となります。
 

◇◆◇ 荻窪・西荻・桃井・上荻町で整体院 整骨院をお探しなら ◇◆◇
『カミオギ整骨院』までご相談下さい。
◇◆◇ カミオギ整骨院は 荻窪、西荻、桃井、上荻でオススメ整体院 人気の整骨院です。 ◇◆◇

◯ カミオギ整骨院のご予約ページは、こちらです。
カミオギ 整骨院 〒167-0043 東京都 杉並区 上荻4-21-12 スカイライフ荻窪1F